ぽとりと落ちたノスタルジア

最近の日記は数年前の日記を書いている。時々リアルタイム日記を挟みます。

王子と友人

あれはカルピスがもらわれてきて間もない頃、
友人にカルピスの話をしたら会ってみるということになった。


それで、学校帰りにカルピスに会いに家に来てくれたんだ。


帰宅すると、ちょうどカルピスが家にいた。


高校生橘 「カルピス!おいで。」


カルピスはおいでと呼んで来る子ではなかったので、
抱っこして連れてきて友人に会わせた。



f:id:hotakatachibana:20210901100637j:plain





友人「へぇ、これが•••。」


友人に撫でてもらうカルピス。


カルピス(姉のご学友、ご機嫌麗しゅう。)


ナデナデ。


カルピス(学業の傍の訪問、誠に大義であった。)


ナデナデ。


カルピス(お気遣い痛み入る。)


ナデナデ。


カルピス(今後共、姉を宜しく御頼申す。)





なんか•••この2人フィーリングが合ってる•••!!


なんで?!羨




短い対面で友人は帰っていった。




f:id:hotakatachibana:20210901100845j:plain




後日、友人から手作りパッチワークのクッションを渡された。


友人「これ、カルピスに使ってもらって。」



カルピスにクッション渡したら、すごい気に入ってんの!
王座とは全然別の場所に置いておいても乗っかっていた。


しかも、自分の為に用意されたものだとわかるらしくて、嬉しそうにしてんの!



わ•••私も何か作ってあげようかな•••。


しかし友人のクッションは縫い目も綺麗ですごく上手だったので、もうそれでいい気がした。
しかも本人お気に入り、ご満悦だ。



カルピス(姉のご学友、グッジョブ。)



f:id:hotakatachibana:20210901101838j:plain