ぽとりと落ちたノスタルジア

最近の日記は数年前の日記を書いている。時々リアルタイム日記を挟みます。

俳優のたまごが住んでいる20

そういうわけで、実業家の大富豪と有名人の友達たくさんのこの2人とは完全に切れた。
その後ひとつだけ後悔したことがあった。


デザイン画!!!



衣装のやつは要らない。でもテーブルコーディネートのやつは・・・!!!
あんなにいい出来の後にも先にもなかった。あれは返してもらいたかった!!!
うっかりして抜けている。大後悔だ。もうほんと立ち直れない。
そうして10年近く経ってしまった。




んー・・・でももう1回描いたら・・・描けそうな気がしないでもない。
やってみよっかな。←立ち直った。

ちょうど最後に絵を描いてから・・・今年で3年目か。今回は5年あかなかったな。




f:id:hotakatachibana:20190921175202j:plain




ところで、私、この2人の事嫌いなわけじゃない。
親切にしてもらったし、「会話」が出来てうれしかった。
会社とかだと、どこの職場でも、だいたいどんな人とも「会話」出来ない。
私は相手についていけないし、相手は私の事がわからない。
それで相手の認識出来る範囲内の話かどうか確認しながら
会話する事になる。これは正直つまらない。



また、この2人、育ちがいいからなのか、
能力とかスキルも含めていろんなもの持ってて余裕があるからなのか、
接してて不快な思いをすることもあんまりなかった。





ちなみに10年近くぶりにこの女性のブログを見てみたんだけど、
更新が2013年で止まっている。
「オーナー」のブログは非公開にしたのか、削除したのかわからないけど
なくなっていた。


女性のブログ読んでみたら、”オーナーは身体が悪いのでお茶を飲んでいる”
との記述があった。やっぱり。そしておそらく飲んでいるのは漢方だ。



別の日の記事にとぶと、この女性が「オーナー」から漢方のお茶をご馳走になっている記述もあった。
ほうら漢方だ。
”身体がぽかぽかしました”、の感想が書かれていたけど、
美味しく飲めたかどうかは不明だ。


おそらく入手しにくい高級品だと思うけど、
漢方というのはその効能と症状が合っている人が飲むとこのうえなく美味しいけど、
効能が不要な人が飲んでもまずいだけのものだ。
効能と症状があっている人でも、
症状が改善されたとたんまずくて飲めなくなるという。
高品質・高級品だからと言って誰彼かまわず飲ませたり、
飲み続ければいいというものではない。
「オーナー」は博識だから、これくらいは知ってるかな。



f:id:hotakatachibana:20190921175255j:plain



また、この「オーナー」、法人相手のコンサルタントもしているようだ。
しょっちゅう自宅に相談に訪れる人がいるのだとか。
私、コンサルタントという生き物に縁があるのだろうか。
この「オーナー」以外にもコンサルタントと名のつく人を2人も知っている。
全員法人相手だが、「オーナー」以外は普通の人だ。



また、はっきりと聞いたわけではないが、この「オーナー」
不動産を持っているような気がする。
これは私のカンのようなものだけど、そういう匂いがする。
私、不動産持っている人に縁があるのか、出会う人出会う人
皆大家か何かだ。でもどの人も普通の人に思える。
「オーナー」みたいな人ではない。



f:id:hotakatachibana:20190921175405j:plain




この当時は、何もわからずこの2人と接していたけど、
今振り返るとかかわらずにひいてよかったと思う。



真実を知ったうえで、ひとつひとつ思い出していくと、
この「オーナー」普通の人ではない。
中国の執事つきのお屋敷・・・
映画のモデルになった・・・
一般人ではない人との交友関係・・・
ありえない裕福さ・・・
これは黒だ。



女性の方はというと、
気さくだし、普通ぽくしている。
もしかしたらほんとに普通の人かもしれないとも思える。
でも、ブログに
”10代の頃、自分の周りにいた政治家が・・・”
と書いていた。普通の10代は周りに政治家なんかいませんよ?!
ちなみにはじめて会った某俳優は政治家とつるんでいたので、
そのつてで会う事ができたのだそうだ。
芸能人が政治家とつるむのはぜんぜんありえるよ
むしろあのひとたちそのものだから。でもこの女性は・・・いったい。
・・・。
なんかグレーだな。
限りなく黒に近いグレー。




とにかく私は善良な庶民なんで!!!
こういうひとたちとは違うんで!!!
そこんとこよろしく。