ぽとりと落ちたノスタルジア

最近の日記は数年前の日記を書いている。時々リアルタイム日記を挟みます。

*レペットにて

hotakatachibana2007-04-16

イタリア・フランス回想記(2003年12月27日〜2004年1月1日)vol.69です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


美容院から歩いてすぐのレペットに到着。店内に入るとバレエのお店のあの感じが…。



ずらりと並べられたバレエシューズがあったけど、レッスン用ではなかった。いろんなブランドからバレエシューズ風シューズが出てるけど、本家本元のレペットのはやはり素敵だ。でも私は稽古以外でバレエシューズ履かないので見るだけ、見るだけ。



でも見てたらスタッフのマダムが説明してくれた。しかしフランス語なためわからない…。泣



次にレッスンウエアを見てみた。これは買おう。
そしたらまたスタッフのマダムがきて、



「それは子供用だからあなたにはちいさすぎるわ。ちょうどいいのがあっちにありますよ」



すべてフランス語なのに、雰囲気で通じた。
言われるまで気づかない私。
なるほどあっちね。




それにしても、お客さんはバレエファンだけではない感じがした。
おしゃれな人は日常でバレエシューズなのかなあ・・・と思いつつレジへ。



するとポストカードがあったので、おみやげー。
パリオペラ座の、しかもヌレエフ時代のバヤデール。



日本にもレペットのお店があったらいいのにな、と思った。





物語はこちら! ティアドロップ(¥900)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97-%E6%A9%98-%E7%A9%82%E9%AB%98/dp/479745685X/sr=1-1/qid=1166534923/ref=sr_1_1/249-3199626-5447514?ie=UTF8&s=books