ぽとりと落ちたノスタルジア

最近の日記は数年前の日記を書いている。時々リアルタイム日記を挟みます。

*バレエの舞台を観にいかないと

hotakatachibana2007-01-05

イタリア・フランス回想記(2003年12月27日〜2004年1月1日)はお休みです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



2005年、ギエムのボレロの美しさもとても印象的だったけど、同じく2005年8月の新国立で行われた日本バレエフェスのラカッラの筋肉にも驚いた。

ラカッラはプティのミューズだけあってとてつもなく脚が綺麗なんだけど、私が特に気になるのは長さとか甲の美しさをさしおいて、【筋肉】。

この日プティのカルメンを踊ったんだけど、強さとしなやかさが半端じゃなかったです。あの質のいい筋肉がすごくうらやましい。まさに長くて細い、脚を自由自在にアートさせる筋肉!

バレリーナってどの人もそうなんだけど、舞台だと鍛え抜かれた筋肉と舞台のなせる不思議な力でそんなに細くは見えないんだけど、実はとてつもなく細いの。

楽屋口で間近で見るとよくわかる。

この日ラカッラの出待ちしてなんと会えたのだ!!疲れてたみたいなのに、にこにこしてサインしてくれて写真にも応じてくれた。そして細かった・・・。




私もあの筋肉を目指そうと思った瞬間だった。